Archives

Category Archive for: ‘Japanese’

  • Sister City Campaign – Seoul, Jeju, Busan, South Korea – Hokkaido, Japan

    協力を呼びかけよう! 友好都市キャンペーン: 韓国/ソウル、済州道、釜山、慶尚南道 – 日本/北海道 北海道知事 高橋はるみ殿: 友好都市である韓国/ソウル、済州道、釜山、慶尚南道に犬猫の虐待と食用に反対であると伝えて下さい! 韓国のおぞましい犬肉猫肉産業で毎年犠牲になっている何百万匹もの犬や猫を救うために、韓国に変化をもたらすために皆様のご協力をお願い致します 北海道はソウル Seoul Metropolitan City と2010年10月15日に、済州道と2016年1月12日にそれぞれ友好都市関係を結びました。 そして、釜山市とは2005年より、慶尚南道とは2006年より親交を深めております。 韓国のこれらの都市には恐ろしい犬肉猫肉産業に関して責任ある対処をしてもらわねばなりません。 韓国はヒュンダイ、紀亜、サムスン、LG、大宇、SK、POSCO等の世界的企業の母国であるのと同時に、犬肉食いの腹と、犬肉産業関係者の懐を充たすために年間250万匹もの犬を拷問し屠殺しています。 犬や猫を「健康食品」と称して食べています。 犬は生まれた瞬間から想像を絶する過酷な状況の中で生きる事を強いられた挙句に恐ろしい方法で屠殺されます。 特に済州道は国内の犬の総繁殖数と屠殺総量の大きな割合をしめており「韓国の食用犬繁殖における中心地」といえます。 済州道政府はこの野蛮な犬繁殖場/屠殺場にはとても友好的な事で知られております。 済州の犬繁殖場の犬達はおぞましい方法で屠殺されるためだけに済州島から韓国本土まで長く過酷な旅を強いられます。 韓国の犬肉産業の隠し撮り映像をご覧下さい: http://youtu.be/3uR8R8Mu70Q ソウルにはGyeongdong マーケットという韓国でも最大級の犬肉市場があります。そこでは生きている犬と、すでに屠殺され肉となった犬の両方を販売しています。地獄を想像してみるならば、このギョンドンマーケットを訪れてみてください。 こちらのビデオでもギョンドンマーケットの様子をご覧いただけます:Gyeongdong Market. まさに『この世の地獄』です。人の親友であるはずの犬が、いくつも連なるオリの中で、犬を殺す事に何も感じないお客の注文で屠殺されるのを待っているのです。 電気ショックを与えられ、首を吊られ、棒で殴られ、生きたままガスバーナーで炙られ、時には生きたまま煮えたぎる釜に放り込まれなど恐ろしい方法で殺されます。白昼に公の場で、オリの中で怯える犬の目の前でこれらの惨劇は繰り広げられています。 こちらのニュース記事をご覧下さい:http://english.hani.co.kr/arti/english_edition/e_national/542514.html (韓国犬肉clash) ギョンドンマーケット周辺だけでも8か所もの屠殺場があります。 ソウル中心地の『健康食品小路』-戦慄の路地をご覧ください:‘Street of Horror’ Dog slaughterhouses in the heart of Seoul この「健康食品小路」ソウルの中心地でありながら屠殺場/犬肉屋がずらりと並び、公然とおぞましい屠殺が行われており、近隣住民は犬の吠える音と屠殺の悪臭に苦しんでおり、通行人は歩くだけで吐き気がすると言っています。ソウル市内には犬肉を扱う業者が1000以上ありますが、屠殺場の衛生管理は皆無です。 慶尚南道の都市、釜山Busan、梁山Yangsan、 金海Gimhae、晋州Jinju、 昌原 Changwon、 宜寧 Uiryeong; どの地域や都市においても同様の犬繁殖場や屠殺場が沢山あり、日々おぞましい屠殺が行われています。 釜山Busan Metropolitan …

    Read More
  • Sister City Campaign – Seoul, South Korea (In Japanese)

    姉妹都市キャンペーン:韓国/ソウル Kirk Caldwellホノルル市長、Ed Leeサンフランシスコ市長、Muriel BowserワシントンDC市長: 姉妹都市である韓国/ソウルに犬猫の虐待と食用に反対であると伝えて下さい! 韓国のおぞましい犬肉猫肉産業で毎年犠牲になっている何百万匹もの犬や猫を救うために、韓国に変化をもたらすために皆様のご協力をお願い致します。 ソウルは1973年にホノルル Honolulu と、1976年にサンフランシスコ San Francisco と2006年にワシントンDC Washington DC とそれぞれ姉妹都市関係を結びました。 韓国ソウルには恐ろしい犬猫肉産業に責任ある対処をしてもらわねばなりません。 韓国はヒュンダイ、紀亜、サムスン、LG、大宇、SK、POSCO等の世界的企業の母国であるのと同時に、犬肉食いの腹と、犬肉産業関係者の懐を充たすために年間250万匹もの犬を拷問し屠殺しています。そソウルSeoul Metropolitan City。 にはGyeongdong マーケットという韓国でも最大級の犬肉市場があります。そこでは生きている犬と、すでに屠殺され肉となった犬の両方を販売しています。地獄を想像してみるならば、このギョンドンマーケットを訪れてみてください。こちらのビデオでもギョンドンマーケットの様子をご覧いただけます:Gyeongdong Market。 『戦慄の路地』ソウル中心街の犬屠殺場: https://koreandogs.org/street-horror-dog-slaughterhouses-heart-seoul-japanese/ まさに『この世の地獄』です。人の親友であるはずの犬が、いくつも連なるオリの中で、犬を殺す事に何も感じないお客の注文で屠殺されるのを待っているのです。 電気ショックを与えられ、首を吊られ、棒で殴られ、時には生きたまま煮えたぎる釜に放り込まれなど恐ろしい方法で殺されます。白昼に公の場でオリの中で怯える犬の目の前でこれらの惨劇は繰り広げられているのです。 こちらのニュース記事をご覧下さい:http://english.hani.co.kr/arti/english_edition/e_national/542514.html), (韓国犬肉clash) ギョンドンマーケット周辺だけでも8か所もの屠殺場があります。韓国には犬や猫の食用販売を規制する法律がありますが、ことごとく無視されています。 韓国犬肉産業の隠し撮り映像をご覧下さい: http://youtu.be/3uR8R8Mu70Q どちらにお住まいの方も署名をお願いしますPETITION そしてKirk Caldwellホノルル市長、サンフランシスコ市長, San Francisco Mayor Ed Lee ワシントンDC市長 にコンタクトを! 手早く電話やメールを送っていただくために参考文の用意があります。 署名・電話・メールを!Today!

    Read More
  • ‘Street of Horror’ Dog slaughterhouses in the heart of Seoul (In Japanese)

    『戦慄の路地』ソウル中心街の犬屠殺場 「健康食品小路」として知られているソウルの中心街にある路地です。この路地の片側には金属のオリが並べられていて、オリの中には様々な犬がごちゃまぜに入れられており、運命の時を待っています。そのオリのすぐ脇には犬肉が積み重ねてあります。 廃棄される内臓が詰め込まれたゴミ袋を横目に屠殺場の中へ入ると、床一面がゴミ(一般のゴミと屠殺後の生ゴミ)と汚れで覆われています。 毛皮を除去するドラム型の道具をはじめ、あらゆる道具が散らかっています。 リポーターが「これは昔のものですか?」と尋ねると、「いいや、ついさっき屠殺したばかりだよ」と答えました。衛生用の手袋もはめていない手で肉をつかんでリポーターに見せながら、 6.5グンGeun(韓国の重さの単位)(1Geun = 600g、1.232lb)あり、1グンあたり7500ウォンだとリポーターに話しています。 韓国のケーブルテレビチャンネルのTV Chosunは ソウルの犬屠殺場 が地元住民に与えている影響についての報道をしました。屠殺はソウルの中心街で公然と行われており、近隣住民は犬の吠える音と屠殺の悪臭に苦しんでいます。屠殺場の衛生管理は皆無です。 この路地は、屠殺場だらけです。 ソウルのJongam-donからの通行人は、「この感覚をどう説明したらいいか...この路地を通る人は歩いているだけで多分吐き気がするよ」と言っています。 ソウルのJaegi-donからJeongmin公園まで続くこの「健康食品小路」と呼ばれる路地は悪臭とぞっとするような通りで、できれば通りたくない場所です。 しかし、犬が家畜と分類されていない事から、犬の屠殺場には規制が何もありません。たとえ不衛生な状況でも、罰金以外の罰はありません。ソウル市内には犬肉を取り扱う業者が1000以上ありますが、犬の屠殺管理は法の盲点です。 韓国語ニュースは こちらHERE 皆で活動しよう! ソウルの残虐行為に抗議するには こちらHERE! Please sign petitions against the South Korean Dog Meat Cruelty!

    Read More
  • Sister City Campaign – Seosan (Chungcheongnam-do), South Korea – Tenri (Nara Prefecture), Japan (In Japanese)

    姉妹都市キャンペーン:韓国/瑞山(忠清南道)-天理市(奈良県) 天理市長 並河健殿:姉妹都市である韓国/瑞山(忠清南道)に犬猫の虐待と食用に反対であると伝えて下さい! 韓国のおぞましい犬猫肉産業で毎年犠牲になっている何百万匹もの犬や猫を救うために皆さまのご協力をお願い致します 奈良県天理市 Tenri (Nara Prefecture), Japan は1991年に韓国の瑞山〈ソサン〉 Seosan (忠清南道 Chungcheongnam-do) と姉妹都市関係 Sister city を結びました。 ソサン瑞山には悲惨な犬肉猫肉産業に対する責任があります。ソサンはとても食用犬肉の需要が高い地域のひとつです。 地獄を想像してみるならば、ソサンを訪れてみてください。添付のビデオではソサンの至る所にある犬繁殖場と屠殺場の映像を見る事ができます。 小さな犬繁殖場から大規模な施設、犬肉市場そして犬肉レストラン restaurants があり、ただただ屠殺されるためだけに生かされているのです。 その屠殺は電撃死、首めがけて撲殺、首を吊り殴り殺す、首を切り出血多量による殺害、火炎放射で焼き殺す、生きたまま熱湯に放り込む等、あらゆる残忍な方法でオリの中で怯えている犬の目の前で屠殺されています。これらの行為は白昼に公の場で行われています。そして、捨てられたペット犬、盗まれたペット犬も同じくおぞましい方法で食用肉として殺害されています。 ソサンにある1000匹規模の犬繁殖場の映像をご覧ください: https://youtu.be/2myNtNND4mU。 韓国オブザーバーによる隠し撮り映像も覧下さい: https://youtu.be/T6KKIZEjofs。 韓国でもっともポピュラーな検索エンジンNaverでソサンの犬肉レストランは簡単に検索できます: Tenri Mayor Ken Namikawa Nara Prefecture Governor Shogo Arai 奈良県知事宛ての参考文 (英語) Dear Governor Arai: Please watch this video …

    Read More
  • Sister City Campaign – Seosan (Chungcheongnam-do), South Korea – Tenri (Nara Prefecture), Japan

    Tenri Mayor Ken Namikawa: Tell Sister City Seosan (Chungcheongnam-do), South Korea, That We’re Opposed to the Torture and Consumption of Dogs and Cats. If you want to help fight the grisly South Korean dog and cat meat trade and make a difference in South Korea, …

    Read More
  • Write to your government representatives! (In Japanese)

    政府の代表者に協力を要請しよう! 韓国政府に対し犬猫肉の食用禁止の要請をしてもらうために貴方の国の政府代表者に文章で訴えて下さい! Please write to your government representatives and request that they urge South Korea to ban dog and cat consumption! アインシュタインの言葉です 「世の中は危険な所である、悪事をはたらくものがいるがそれを見て見ぬふりをする者がいるからである」 韓国の犬猫肉産業はまさにこの悪事であり、そこから逃れる事のできない哀れな何百万匹もの犬や猫への、口にするのもおぞましい残虐行為に対して人々は声をあげて反対する責任があります。 では、何ができるのか? 1つの方法として、貴方の国の政府代表者に協力を要請することができます。イギリスではすでに動物保護団体と活動家達が政府に協力を要請し、イギリス政府はその要請に耳を傾けてくれました。そして今ではアジア諸国の犬猫肉産業撲滅のための協力を得ています。 貴方と政府にとっても不可能な事ではありません。 韓国で恐ろしい虐待を受け、おぞましい方法で屠殺される何百万匹もの犬や猫は言葉を話す事ができません。 どうかその哀れな動物達の声になり、このおぞましい行為に終止符を打つために貴方の国の政府に協力を要請して下さい! 首相官邸に要望書を送る http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html(Japanese) Send a message to the Japanese government! 参考文 Sample Letter in Japanese コピーしてお使い下さい 安部総理大臣殿 韓国における犬猫肉産業に関するサディスティックな虐待と屠殺について: 世界中で多くの人々に衝撃を与えている問題に関して、貴殿のお力添えを謹んで要請いたします。 ソーシャルメディアを通じて、日々配信されている韓国の様々な場所における日常的な行いに関して …

    Read More
  • 600 Stray Cats Boiled Alive (In Japanese)

    South Korea:猫600匹を生きたまま煮た男に刑罰を!野良猫の捕獲と売買禁止に!Punish the Man who Boiled Alive 600 Stray Cats with Prison Sentence! Ban the Capture and Sale of Stray Cats in South Korea! この事件の詳細はこちらから https://koreandogs.org/600-stray-cats-boiled-alive/ 生きたまま野良猫を煮て「健康食品センター」に売りさばいた50代の男が逮捕 2015年3月21日、釜山北警察署は動物保護法違反の容疑で54歳の男を逮捕しました。 男は2014年の2月から2015年3月までの間に釜山の住宅街や慶尚南道で鶏肉などのエサをつけた罠をしかけ野良猫を捕獲し、慶尚南道の金海のとある場所で屠殺した疑いで逮捕されました。 警察の発表では、男は猫を殺害するために生きたまま約2分間熱湯で茹で、毛皮をとり除き、内臓を取り除き、いったん冷凍してから「健康食品センター」に1匹あたり15000ウォン(約14ドル)で売りさばいたとされています。 警官がこの男の屠殺場を家宅捜索した際には18匹の猫が屠殺寸前だったとも述べています。 男は「およそ600匹の野良猫を捕らえて、売った」と証言しました。 猫のスープが関節炎に効くという間違った認識(医学的には効果なし)があるために猫スープの需要は高く、この男は1年以上にわたって利益を得ることが出来たと警察は説明しています。 牛や豚のような家畜動物とは異なり、猫には衛生管理法が適用されておらず、猫の体内の寄生虫は人間にうつる可能性もあるとして、猫は食用にすべきではないと警察は要請しております。 そして、この男から猫を買った「健康食品センター」に対しては処罰する法律が定められておらず、無罪であると述べました。 動物保護法の現在の施行条例では、捕獲と販売の禁止枠から猫は除外されています。理由は、野良猫の数を減らす為に、TNRの対象になっているからです。 捜査の担当警察官によると、野良猫を販売したことに対しての処罰はできず、動物保護法第8条-容赦ない方法による殺害行為と同種の動物の目の前でその殺害を行う行為の禁止-についてのみ処罰することになるそうです。 また、動物保護法が猫に適用されない事が現実的に適切かどうか審査するよう政府関連機関に求めるとも述べました。 韓国語での署名はこちらから: Click for petition in Korean: http://m.bbs3.agora.media.daum.net/gaia/do/mobile/petition/read?articleStatus=S&cPageIndex=1&bbsId=P001&cSortKey=depth&articleId=167786

    Read More
  • Protest Pro-Dog Meat Media (In Japanese)

    犬肉について取り上げているメディアに抗議しよう 항의해주세요! Send a message of protest to the Pro-Dog Meat Media! にEメールでメッセージを送ろう!! Cこちらから韓国語の参考文をコピペしてお使い下さい sample message in Korean (Just copy and paste into your email)! “생명의 고통이 있는 곳에” 보네주시면 됩니다. 클릭! 以下は宛先です

    Read More
  • [Campaign Closed] Sister City Campaign – Anseong (Gyeonggi-do), South Korea – Brea, California (In Japanese)

    姉妹都市キャンペーン – 韓国安城市(京畿道) – カリフォルニア州ブレア市 ブレア市長Christine Marick殿: 犬猫に対する虐待と食用に反対であることを姉妹都市の韓国安城市(京畿道)に伝えていただきたい. 韓国のおぞましい犬肉猫肉産業で毎年犠牲となる多くの命を救うため、そしてこのおぞましい産業を根絶するために皆さまにご協力をお願いいたします。 カリフォルニア州ブレア市 Brea, California は、2011年に 安城市 Anseong (Gyeonggi-do) と 姉妹都市関係 Sister city を結びました。 韓国安城市において現在も行われている犬猫に対する恐ろしい虐待行為と殺害に対し責任をもって対処してもらわねばなりません。安城市は韓国国内において犬肉の消費量が最も高い地域の一つです。地獄を想像してみたことはありますか?安城市を直接訪れるかもしくは添付のビデオをご覧ください。安城市内のいたるところにある犬繁殖場と屠殺場が映し出されておりまさにこの世の地獄です。 大小様々な数えきれない程の繁殖場や市場そしてレストランにおいて、犬はこの世に生まれてから死ぬまで拷問され続けております。電撃死、首吊り、撲殺、時には生きたまま煮えたぎる釜に放り込まれるなど、実に非人道的な方法で屠殺されております。 その屠殺は白昼に公共の場において、オリの中で怯える犬の目の前で行われております。 さらには、捨てられたペットや、盗まれたペットまでもが同じように食肉として屠殺されております。 安城市内の犬繁殖場のビデオをご覧ください。 このビデオは「犬肉先生」として知られる Professor Ann Yong-Geun が韓国の犬肉産業を宣伝するために作製したものです: https://youtu.be/YBKeTh5xJX4 https://youtu.be/CISKm0hjd9A 安城市内の隠し撮り映像もご覧下さい: https://youtu.be/zbjFkY91g-k https://youtu.be/ycMNoDtDwAI Korea Observerによるドキュメンタリービデオをご覧下さい: https://youtu.be/T6KKIZEjofs ブレア市長宛ての参考文Suggested message to the Mayor of Brea Dear …

    Read More
  • Sister City Campaign – Gwangju (Jeollanam-do), South Korea – San Antonio, Texas (In Japanese)

    姉妹都市キャンペーン-韓国Gwangju(全羅南道)-テキサス州サンアントニオ サンアントニオ市長アイビーR.テイラー氏宛:犬や猫に対する拷問とそれらを食用にすることに反対である事を姉妹都市の韓国全羅南道Gwangjuに伝えていただくことを要請します 韓国のおぞましい犬肉、猫肉産業に反対し韓国に変化をもたらすためにご協力をお願いいたします。ほんのわずかな時間で何百、何千、何万もの犬や猫を救う事ができます! テキサス州サンアントニオ市 は韓国の Gwangju と1982年に 姉妹都市 関係を結びました。 しかしながら、韓国のGwangju市には今なお続けられている犬や猫に対する恐ろしい拷問と殺害に対しての責任をもって対処してもらわねばなりません。Gwangju市は韓国国内において最大規模の犬肉消費の地域です。地獄がどんな所か想像できますか? Gwangju市全域に点在する犬繁殖場と屠殺場のビデオをご覧いただくか、もしくは直接訪れてみてください。数えきれ無いほどの大小さまざまな犬繁殖場と市場、レストランがあり、そこで犬は生ある限り拷問され続け、電撃死、首吊りや殴打、時には生きたまま煮えたぎる釜に放り込まれるなど実に非人道的な方法で屠殺されています。その多くは白昼に公の場所で行われており、しかもオリの中で怯える犬の目の前で殺害が行われております。それに加えて、捨てられたり、盗まれたりしたペットも同様に拷問を受け一生を終えるのです。 韓国で最も多くみられる種類の犬繁殖場のビデオをご覧下さい: https://youtu.be/FMcAPes38dw Korea Observerによる隠し撮り映像をご覧下さい: https://youtu.be/T6KKIZEjofs サンアントニオ市長宛ての参考文 Dear Mayor Ivy R. Taylor and the San Antonio City Officials: Please watch the undercover video from the documentary trailer by the Korea Observer: https://youtu.be/T6KKIZEjofs The City of San …

    Read More
  • Petition to the South Korean Supreme Prosecutor’s Office (In Japanese)

    韓国の最高検察庁から、以下の返信がありました。 この手紙は、大韓民国(ROK)最高検察庁の第二刑事局より送られたものです。 大変貴重なご意見を頂きました事に感謝いたします。 この度の申し出は、犬猫に対する虐待とそれに関わる食品産業撲滅についての事であると理解いたしました。 これに関して、大韓民国は動物の保護と適切な管理そして虐待防止のために必要な処置をとるように「動物保護法」を1991年7月1日に制定いたしました。それはまた、動物の命に対し敬意を払う気風を国民にもたらす為でもあります。動物の命を守り、動物虐待を防止するよう国民の認識をより高める為に法は執行されます。 しかしながら、食品産業の禁止につては最高検察庁の管轄外であるため、これについてはお答えできません。 検察当局に対し関心を寄せて頂きました事に大変感謝いたします。そして、今後も当局に対する改善点などのご意見をお寄せ頂く事をお待ちしております。 有難うございました。 以下は韓国の検事総長に宛てた抗議・請願書です。 韓国の違法犬猫肉産業撲滅のためにご協力をお願い致します。 英語 請願書 検事総長Kim Soo-Nam殿 動物保護法に違反している犬猫肉の産業に関する嘆願書を最高検察庁に送りましたが、それに対する返信内容はあまりにも不十分であり満足のいくものではありません。(https://koreandogs.org/petition-south-korean-supreme-prosecutors-office/) 貴殿のウェブサイトでは、「法と秩序の制定」「公平で一貫した姿勢で法律と行使する。そして、検察当局サービス全ての職員は国民のための正当な検察対応に努力を惜しまない」ことが任務であると唱えています。 貴殿が制定し、維持されるべき法律を公然と無視している韓国国内での違法な犬猫の肉産業に関するビデオ証拠や目撃証拠等の事実を貴殿に提出しました。 任務として、この問題を正義と法により対処して頂きたく貴殿に託したのですが、「動物保護と虐待防止の国民認識を高めるために、法は執行される」という返答でした。 私達は、国民意識を高めることをお願いしているのではありません。正義を求めているのです! 貴殿と全職員が遂行すると誓った職務を果たしていただきたい。貴殿の規則を故意に犯し、動物に対して憎むべき犯罪を犯している人々を公訴していただきたい。任務の遂行をお願いしておりますが、少なくともこの違法な産業に調査の手を入れて頂きたいと思います。 「大韓民国は動物の保護と適切な管理そして虐待防止のために必要な処置をとるように「動物保護法」を1991年7月1日に制定いたしました。それはまた、動物の命に対し敬意を払う気風を国民にもたらす為でもあります。動物の命を守り、動物虐待を防止するよう国民の認識をより高める為に法は執行されます。」との返答でしたが、 いつどのような方法でこの法律を行使したのかお答え下さい。また、この違法取引を根絶するためにどのような措置をとったのかお答えください。何百万もの動物が殺害されるだけでなく、国民の止むことのない購買意欲を貴殿は故意に見て見ぬふりをしています。収集された全ての証拠を前にこの恐ろしい事実を否定する事は不可能です。 ここまで示しても貴殿は何もしないとおっしゃるのですか。権力もあり、法を維持するという尊敬される職にありながら、目をそらすとは恥ずべき事です。 大韓民国がこの問題に関して示した道徳と倫理の欠如にはがっかりさせられ、憤りを覚えます。 韓国の法を維持するべき立場である貴殿ができないことを誰が実行できますか? この件に関して再度精査していただき、この取引で毎日のように行われている露骨な違法行為と貴殿が保護すると誓った動物達の想像を絶する苦しみを生みだすこの産業に踏み込んで調査して頂きますよう心よりお願い申し上げます。 敬具 [Your name and country]

    Read More
  • Current Situation of South Korea’s Dog Meat Industry (In Japanese)

    韓国における犬肉の現状 2012年7月23日,済州島で飼育や捕獲された犬-どこに連れて行かれるのかも知らずに金属のオリに押し込まれ、韓国本土に向けて長旅に出るところです。大都市の犬肉市場に向かっています。あらゆる種類、あらゆるサイズの犬が詰め込まれていますが、二度と引き返すことのない恐怖の片道切符です。途中で衰弱死した犬もいます。これが韓国の犬肉産業の実態です。さらに詳しくは: ‘The dog truck’ not guilty? … people’s backlash diffusing online 韓国政府は犬肉の食用屠殺と生産の合法化は、状況をより悪くするだけのことだと悟っています。 政府はこの違法な産業で犬に対する野蛮な行為を動物虐待として解決せずに、無視してきたのです。 済州島から韓国本土までの輸送の様子を見てお分かりのように、このような極端な動物虐待がいまだにはびこっています。犬にも感情はあり、愛される権利があります。残念なことに、済州島から韓国本土まで輸送された犬は長く苦しい旅を味わうことになりました。 韓国の動物保護法 は、動物の保護とそのか弱い命を護る為に最近修正されました。ですが、犬の食用屠殺と生産及び取引を根絶しなければならないというのに、この法律は行使されていません。 ラッキーな犬達愛玩動物として、そして家族の一員として人々と過ごすことができる犬は本当に運がいいと思います。しかし残念なことに、道端に捨てられるペットも多く、犬肉業者に拾われ、金属のオリに放り込まれ、その中で恐怖の死を待つしかないという状況もあります。 韓国の神話特定の種類の犬だけを食べるー「Neurreungi」として知られている黄色がかった犬だけを食べるという言い伝えがあります。しかし、愛玩犬と食用犬には何の違いもありません。 愛玩動物だった犬(ペット)、パピーミルの犬、闇オークションからの犬、そして「珍島犬」としての認定を受けていない珍島犬(珍島犬は韓国で53番目の国宝に指定されています)等から成り立っています。 どの犬もオリに閉じ込められ、末は【ボシンタン(犬肉鍋)やgaegogi(犬肉)として】食べられるのですが、お願いだから助けて欲しいとオリの中から懇願しているのです。情報元: KARA 韓国犬肉産業の調査報告と犬肉取引を根絶させる為に有効と思われる手段を見るにはコチラをクリックして下さい 犬肉産業に関する統計 犬肉犬種類 いわゆる犬肉と言われる犬はNureongiまたはHwanguと呼ばれおり、それは黄色い犬を意味します。 これらの犬は、一種の「家畜」と考えられておりますが他の犬と何ら変わりません。そして、犬種に関係なく食用犬肉になりうるという点はおさえておかねばなりません。 屠殺量 平均数は、およそ250万匹です。 2002年-295万匹 2005年-231万匹 犬肉の年間消費量 約100,000トン 約 93,000トンが、トニック用に使用されたと思われる。 犬肉を提供する飲食店舗数 確かな数字を得るのは困難ですが、 1998年には6,484店舗が記録されております。4,000~6,000くらいとの情報もありますが、実際には20,000店舗ほどあると推定されます。 犬肉を食べる人口の割合 老若男女、年齢など様々。定期的に食べている割合は少数。これは高年齢層です。 約30%の韓国人が犬肉をためしたという話もあれば、60%だという話もあります。また他の調査では回答者の42%が犬肉を食べたことがあると答えています。 犬肉を食べる韓国人とそれに反対する韓国人 確定的でない。 ある情報によると、『30才未満の59%が犬を食べないこと、30才未満の62%が犬はペットであり食べ物ではないと考えているということが農業省の調査で明らかになった。』と言っています。 確定的でない。 ある情報によると、『30才未満の59%が犬を食べないこと、30才未満の62%が犬はペットであり食べ物ではないと考えているということが農業省の調査で明らかになった。』と言っています。 主な犬肉料理 Bosintang、厚切りの犬肉入りの一種のスープです。 三大犬肉日 …

    Read More
Page 3 of 4«1234»