Blog

Disappointing and insulting response from the UN Secretary-General Ban Ki-Moon’s Office (In Japanese)

国連事務総長バン ギムン氏からの残念で侮辱的な返信

Ban Ki-Moon
バン ギムン氏は国連事務総長ですが、これは彼の肩書であり、それ以前に彼は生れながらにして
韓国人です。今現在どこで暮らし、どんな肩書をもっていようとも、母国での動物に対する不必要な残虐行為など全ての間違った行為に反対する事が世の人々の義務だと思うのです。

韓国での犬肉産業を撲滅するためにバンギムン氏に宛てて多くの人々が個人的なお願いとして手紙を出しています。

宛先の住所が国連なだけで、バンギムン氏個人に宛てて手紙を送っているのですが、それに対する返信は (全てに返信しているかはわかりませんが) 広報部からの 『いわゆる一般的な』 返信で、添付の写真でも確認できますが、もちろん署名もありません。
そしてその内容は……どんな国連議員でも公式議論として問題をあげるために必要とされる面倒な承認手順を説明したものです。

おかしな話です。 韓国籍をもつバンギムン氏個人(思いやりのある方と見込んで)この問題を政府に提起して欲しいいとお願いしているのです。 国連の承認を求めているわけではありません。
自分自身の見解を発表する為に職場の同僚から承認をえる必要がありますか? そんな人いませんよね。– 極悪行為を止めさせるために行動を起こすのは正しいということを私達は知っています、そして実際に行動しています。
バンギムン氏とて、自由がある一般市民です。 そして、母国の人々に彼自身の見解を提案することができる人です。 彼はそうするべきではないでしょうか。

バンギムン氏は重要な人物です。 権限のある人々や彼の仲間は彼の話に耳をかたむけます –
そして彼は何かを変えることが出来るのです。

バンギムン氏は、韓国の有名人, 例えばPsy(true Gangnam styleで) をおおっぴらに宣伝していましたが、そのほんのわずかなPRのために国連の賛成は求めなかったと思います。
彼の母国が憎むべき容赦のない行為をしている事に対して、どんなに酷いPRをじゃんじゃん受けているのか彼は理解していないのでしょうか?

そしてこの署名すらされていない返信には、HSIのような組織に『これら(犬肉産業について)の意見を送る』ようにとも示唆しています。
HISは状況をよく知っています。 HIS自身もキャンペーンも行っています。私達は個人的に、第三者機関を通してではなく直接バンギムン氏本人に要請をしています。

こうも記されています。『WSPAに請願することも一つの選択肢である』と。我々の調べではWSPAのいかなる言及も、特に韓国の犬肉取引を標的としているものは一つもありません。

失望させられ– そして、むしろ侮辱的な返信 – であることを今一度指摘したいと思います。

そして、また、我々は、バンキム氏の母国での犬肉取引を終わらせる為に力添え頂けるようにバンギムン氏個人にコンタクトし続けていきたいと思います。

バンギムン氏宛の手紙、電話、Eメールをお願いします.

ここを HERE クリック!

Response from UN HQ_021916

Response from UN HQ_021916_USPS tracking

  1. Shabs
    ShabsFebruary 22,16

    Shame on you DOG EATING NATION!

Leave a Reply

LinkedIn
Share