Blog

Write to the International Olympic Committee (In Japanese)

Countdown to PyeongChang 2018:

国際オリンピック委員会に文書を送ろう

2018年冬季ピョンチャンオリンピックまであと2年です。
国際オリンピック委員会から、ホスト国の韓国に圧力をかけさせる絶好のチャンスです。
Samsung, Hyundai, Kia, LG, SK, Daewooの国 韓国に2016年の今年こそ残虐な犬猫肉の産業を廃止させましょう!

方法はいくつかあります

IOCのソーシャルメディアを使う:

参考文:日本語訳は下にあります。

To the IOC:

I am extremely distressed about the torture and consumption of animal companions in South Korea. Despite the government’s Animal Protection Law, dogs are still electrocuted, hanged, and beaten to death by farmers and butchers. Dogs and cats to this day are tortured and boiled alive for so-called elixirs, which have no legitimate medicinal properties, but are believed by gullible consumers to increase male stamina, and improve one’s health. Until South Korea ends this appalling cruelty, the country’s reputation in the international community will continue to suffer. Its citizens will face shame and embarrassment. South Korea will continue to be regarded as “third world,” despite its glittering modernization and attempts at globalized thinking. There will undoubtedly be worldwide attempts to boycott the 2018 Pyeongchang Winter Olympics unless the cruel treatment, abuse, killing, and mindless consumption of our beloved companion animals finally comes to an end.

IOC様

韓国でおきている我々の仲間である動物達の拷問と食用について非常に心を苦しめられております。政府の動物保護法に反して、犬達は繁殖業者や肉屋によって電撃を加えられ、吊るされ、そして息絶えるまで殴り続けられています。今日に至るまで、犬や猫は拷問され生きたまま煮込まれています。それらは万能薬と呼ばれていますが、医薬品としの効能はありません。しかしだまされやすい消費者等は男性の精力剤だと信じているのです。韓国がこのぞっとするような残酷な行為をやめない限り、国際社会は韓国を非難し続けるでしょうし また国民は恥やきまりの悪さといったことに直面する事になるでしょう。 近代国家としての華やかさや、グローバルな思考などをいくら装ったところで、「第三国」としか位置づけられないでしょう。我々の愛すべき動物達に対する残酷な扱い、虐待、殺害そして無知な消費をやめない限りは、2018年ピョンチャン冬季オリンピックに対するボイコットが間違いなく世界規模で企てられるでしょう。

BOYCOTT CRUELTY,  BOYCOTT KOREA

Leave a Reply