Archives

Category Archive for: ‘Japanese’

  • KARA’s Legal Information Booklet for the ending of dog meat consumption (In Japanese)

    KARA’s Legal Information Booklet for the ending of dog meat consumption (In Japanese) 食用犬肉を廃止にするための法律的な情報の集約表(情報元:KARA) 現在の韓国における肉取引のための犬の飼育に関してあてはまる現行の法律と、人間の食用のための屠殺販売における現状の主な相違点について (発行元:KARA)以下は KARA (Korea Animal Rights Advocates)が発行した食用犬肉を廃止するための法律情報集約表を文章形式にしたものです。表はこちらからHERE ご覧ください。 飼育 違法行為:無許可処理の食品廃棄物を肉取引用の犬に与える行為 適用法律:廃棄物管理法15-2、25、セクション3 違反内容: 残飯を提供する側もその残飯を肉犬飼育場に運搬する業者もこれらの法を犯している 罰則: 廃棄物管理法64、65。最長5年の懲役または、50,000,000ウォンの罰金(約49万円) 違法行為: 食品廃棄物を肉犬に与える行為 適用法律:家畜及び水産物に与えるエサの管理法14、セクション1、2 違反内容: 無許可の食品廃棄物の回収と肉犬にそれをエサとして与えている 罰則:家畜及び水産物に与えるエサの管理法33 最長3年の懲役または、30,000,000ウォン (約29万円)の罰金 違法行為: 違法な肉犬飼育場の副産物である排泄物により環境汚染を引き起こす行為 適用法律:家畜のし尿処理管理法 11 違反内容: 肉犬飼育場から出るし尿が現場及び近隣の環境を汚染している 罰則: 家畜のし尿管理法49 最長2年の懲役または、20,000,000ウォン(約19万円)の罰金 屠殺 違法行為: 犬を人間の食用に屠殺する行為 …

    Read More
  • Lawmaker Dr. Pyo Changwon’s plan to legislate a ban on dog meat (In Japanese)

    Click HERE for English. Dr. ピョ チャン・グウォン議員の犬肉完全廃止計画 以下は2017年8月29日のDr.ピョ チャン・グウォン議員のFacebook投稿を翻訳したものです: 来年の3月には動物保護法の改正案が施行され、犬の農場飼育や屠殺に関わる残虐行為を犯す者は罰せられます。 動物虐待に対する罰則も現在の2倍に強化されます。 取り締まりの効果を確実なものにするためにさらなる法律を導入します。 ( Dr. Pyo Changwon’s Blog ピョ議員のブログを参照ください). 人間の食用のために(犬肉やボシンタン鍋、犬エキス等) 犬を農場飼育したり屠殺する事は 動物保護法に違反しており、この法律が実際に行使されていたならこれらの行いはそもそも存在していないのです。 しかしながら、犬肉の陳列や販売に対する罰則はありません。 農業食糧、農村地域省は犬肉産業に関して法を行使する責任があります。ですが、彼らがメインとしている職務は農業と家畜産業の保護と開発であり、法が行使されるのは稀です。 韓国経済は輸出が頼りの工業国家であり、国際的な地位や印象に配慮せねばなりません。 犬肉の食用消費は国際的に非難されており、我が国の政府は家畜製品衛生法のもとで繁殖飼育、屠殺、陳列販売が許される「家畜」分類から犬を除外する事でこの産業を隠蔽し、無視してきました。 その結果、大量の抗生物質と殺虫剤と細菌に汚染されている犬肉のあからさまな販売と衛生管理にメスを入れる事もできずに、未だに続けられているのです。 犬肉を食べる事が我々の文化であると主張し犬肉産業を擁護する人々にうかがいます: ピョンチャン冬季オリンピックを目前に司法委員会と国会を通して犬肉の食用消費を合法化する議員がいると思いますか? そしてパク・クネ政権の時に珍島犬をオリンピックのマスコットにしたいと願ったのですが、犬の食用消費の残虐さから国際オリンピック委員会に却下された事実を知っていますか? 私が推進する犬の食用消費を禁ずる法律は、犬肉を購入または食用にする人々を罰するものではありません。 この法律は、食用のための犬の繁殖と屠殺そして食用のための犬の販売を禁止するものです。 これにより、犬を保護し、我々の臆病な政府の「戦略的な曖昧さ」により利用され危険にさらされる市民の健康を護ることになります。 また、海外で不当な屈辱を経験されられている我が国の若者達のプライドを取り戻し、そして、コンパニオン・アニマルと過ごす人々を犬肉産業に対する心配と悲しみから救うことの助けになるはずです。 犬肉産業で働いている人の中には、犬肉の需要低下にともないすでに他の職業への移行を検討している人もいると理解しています。犬肉の禁止令は、時間の問題です。これが国際社会の潮の流れです。 手遅れにならないうちに職業を変えることをおすすめします。 以前に農業食糧、農村地域省には、犬肉産業から別の職業に移行を希望する人々に対するガイダンス、教育、と転職のサポートをするようにお願いしましたが返事をもらう事はありませんでした。 新政権になり対応は変わってくるはずです。 この3月にかろうじて通った動物保護法の改正案ですが、決して簡単な道のりではありませんでした。 しかし実際に通ったのです。 私はあきらめません。 よろしくお願いいたします。 Interview of Dr. Pyo Changwon by [SBS Morningwide] TV program on September 2, 2016

    Read More
  • KARA discloses results of their investigation of ‘meat dog farms’ at press conference. (In Japanese)

    English KARAが「肉犬飼育場」の調査報告について記者会見で明らかにしました。 [共同記者会見] 世界で唯一「肉犬農場」がある国 2017年6月22日 イジョンミ議員、 Korea Animal Rights Advocates (KARA) The Korea Bizwireの記事「100万匹以上の犬が恐ろしい状況で食用に飼育されている」を見るには HERE こちらから。

    Read More
  • Tokyo Shinjuku, Japan Demonstration – May 20, 2017

    We are grateful to Shigeo Kouno for his one-man demonstration at the busy street of Tokyo Shinjuku in Japan on May 20, 2017. He also brought his posters, video display and leaflets. Wearing our campaign t-shirt, he spoke from the heart to the passing pedestrians …

    Read More
  • Team Japan: Take a stand in Pyeongchang 2018 against the dog and cat meat trade!

    Countdown to PyeongChang 2018 PyeongChang, host to the 2018 Winter Olympics – the world will be watching South Korea, which is why this is the perfect time for you take action to support our campaign to end the horrific dog and cat meat trade in …

    Read More
  • Stop the Yulin Dog Meat Festival! (In Japanese)

    [日本語訳] ユーリン犬肉祭りを禁止に! 署名のお願いと中国政府に請願文を送ることにご協力をお願いします。 Ambassador Cui Tiankai Embassy of the People’s Republic of China in the United States of America 3505 International Place, N.W. Washington, D.C. 20008 USA Tel: +1-202-495-2266 Fax: +1-202-495-2138 E-mail: chinaembpress_us@mfa.gov.cn http://www.china-embassy.org/eng/ Consulate General Luo Linquan Consulate General of the People’s Republic of …

    Read More
  • The Dog Meat Professionals: South Korea (In Japanese)

    The Dog Meat Professionals: South Korea in Japanese. Please visit the newly launched Facebook page promoting the full feature film that is soon to be released. Click HERE to #LIKE, #FOLLOW & #SHARE as much as possible. This in-depth documentary of #KoreanDogMeatTrade is invaluable and …

    Read More
  • Pyeongchang’s project to hide the Dog Meat Restaurants from Olympic visitors! (In Japanese)

    Click HERE to read in English. 犬肉スープ」を提供するレストランに対するピョンチャン地方政府の計画を報道しているニュースをご覧ください。こちらからHERE(内容は韓国語です) オリンピック訪問客から犬肉レストランを隠すピョンチャンの計画! ピョンチャン2018冬季オリンピック開催まであと1年もありません。 【ボイコット ピョンチャン2018アクションセンター】“Boycott PyeongChang 2018 Action Center” では、韓国の残虐極まりない犬肉猫肉産業に抗議するために皆さまにご協力いただきたい活動をリストアップしております。 下記は、韓国の残虐な犬肉産業を隠蔽しようとするピョンチャンの計画を韓国の動物愛護団体である(KARA)Korea Animal Rights Advocates’ (KARA)による解説を翻訳したものです。 KARAの原文はコチラからHERE. 【解説】201冬季オリンピックに先駆けピョンチャンで犬肉レストランの看板の掛替えの制限と意味について検証します。 江原省は2018年2月に開催される冬季オリンピックのゲスト迎え入れのための準備を現在行っております。 宿泊設備やレストランの不足を解消するため、そして専業農家の収入を生み出すため、また韓国の文化を訪問客に紹介する地元の農業コミュニティと連携し奉仕の精神を強化するためにサービス業界には支援策があります。 加えて、外国からの訪問客が不快に思うような特定のレストランにおいてはその根本的な原因を隠蔽し、議論を避けるために店舗の改装や看板の掛替えを予定しています。 冬季オリンピックの訪問客らが不快に思うであろう根本的な原因とは? ピョンチャンや江陵(カンヌン)など、江原周辺には18軒の犬肉レストランがあります。 政府は店舗の看板の掛替えに3,000,000ウォン(約30万円)、改装に7,000,000ウォン(約70万円)の合計最高10,000,000ウォン(約100万円)をそれぞれの店舗に支給します。行政区と市がそれぞれ5割ずつ負担します。 韓国のボシンタン(犬肉スープ)と犬肉産業における犬虐待に対する抗議とボイコットがいかなる主要な国際イベントよりも優先されるべきです。 ですが政府は根底にある犬肉産業そのものの問題を解決せずに、看板の掛替などその場しのぎの政策でやり過ごしてきたのです。 1988年のソウルオリンピック開催中に犬肉産業の残虐性に対し抗議が殺到した結果、動物保護法が出来たにもかかわらず、政府はそれから30年もの間この問題を解決する努力すらしてこなかったのです。 嫌悪感を抱かせるであろう犬肉に関する語句を削除するために窓やエントランスや壁を修繕するのはわずか18軒のみです。 この無意味な改装のためにこの商売に7,000,000ウォンの資金援助をする事は間違っていると思います。 しかし、この政策は基本的な問題解決にならず、極めて形式的なものです。 単に18軒の犬肉レストランから看板を外すだけで犬肉産業における犬虐待とそれに対する非難を避ける事はできません。 批判を避けるのも、見せかけの犬肉の痕跡除去もどちらも難しい状況です。 この政策に政府がつけたタイトル「外国人から否定的な感情を呼び起こすレストラン」、これにも問題があります。 犬肉の消費への反発が国内でも高まっており、犬肉取引自体が動物虐待であり犬の屠殺に対する処罰を含む動物保護法の改正が進行中でもあります。 この政策のタイトルではこの問題が韓国人と外国人の対立であると人々の誤解を招きます。 さらに、江原省政府(江原行政区)は、これら18軒のレストランに看板取り外しをさせるにも関わらず、オリンピック期間中の通常営業を許可しており、また犬肉レストランの意向を尊重するとしてオリンピック閉会後は看板の復元をも許可しています。 江原省政府は犬肉レストランの店舗改装に対して7,000,000ウォンの助成金を支給するにあたりオリンピック開催中や閉会後の商売替えを促す事すらしていません。 犬をコンパニオン・アニマルとしてとらえる人々が増加傾向にあり、犬肉スープの需要は減少傾向にあります。 来るべき国際的なイベントのお客様の接待準備に限らず、大規模な動物虐待と同じ意味を持つ犬肉の食用消費について、韓国社会は今こそ議論を開始すべきです。 江原省政府はこの看板掛替え政策を、犬肉取引と犬肉の消費によって象徴される韓国の貧弱な動物の権利保護基準に対する世界の懸念を払拭し、国際的な立場を引き上げる機会として有効利用すべきです。 …

    Read More
  • File petition with the South Korean government through e-People (In Japanese)

    e-People を通じて韓国政府に対する署名付きの抗議をお願いいたします。 韓国の犬肉取引に反対する行動を何か1つして頂けるのであれば、是非この方法をお願いいたします。おぞましい産業の 餌食にされている声なき犬達に代わって貴方の声を韓国政府に届けて下さい。 世界のどこにお住まいの方でもこのe-People を通じて韓国政府に対してオンラインで署名付きの抗議をする事が可能です。こちらから: e-people online オンラインで署名付き抗議する方法は以下を参照してください。 韓国における恥ずべきおぞましい犬肉猫肉取引、この残虐行為を止めさせるために10分程で大きな勝利に近づく事ができます。 こちらから HERE参考文をコピペしてお使い下さい。(様々な言語で用意してあります). ご自宅の住所を入力したくない場合は、私達の住所をどうかご利用ください。 PO Box 60191 Sunnyvale, CA 94088 USA 署名付きで抗議するにはコチラ HERE から!

    Read More
  • Meat dogs in wire cages feed on rotten food waste slops while they wait to be slaughtered (In Japanese)

    オリに閉じ込められている肉犬は屠殺されるまでずぶずぶに腐った食品廃棄物を与えられています Click HERE for English. こちらから韓国語での記事をご覧いただけます。 쓰레기 음식 먹고 도축 기다리는…철장 속 식용견들 2016年8月9日に 「Depth Camera」(밀착카메라)と呼ばれる韓国のテレビ番組は、ペット犬と共に夏休みを過ごす人々の話を報道しました。 その翌日に同じ番組で報道された内容は韓国の人々にとってはとても不愉快な内容でした。それは韓国社会が 『肉犬』 と位置づけた犬に関する内容で、これまで韓国の人々に無視されてきた内容でした。 犬肉を食べる事の善悪をとわず、その飼育から屠殺に至るまで犬肉取引には確かに問題があると報道しています。 リポーターによると・・・犬肉農場に到着したとき、犬達は聞きなれない足音に驚き吠え始めました。 子育てをする母犬は全身が壊死性傷に覆われ、繋がれていた他の犬はおかしな反復行動をしていました。 犬に与えられていたエサはウジがわき、ずぶずぶに腐った食品廃棄物でした。 別の犬飼育場では、ビニール袋や死んだ犬の頭やどこか認識できない器官などが犬のエサ箱に浮かんでいいました。 ずぶずぶの食品廃棄物は黒っぽい色に腐っていて悪臭を放っていましたが、空腹の犬はそれを食べるしかありませんでした。 リポーターは 「なぜ犬に普通のドッグフードを与えないのか?」 と農場主に訊ねました。 農場主は、「犬にはJiambap-ずぶずぶの食品廃棄物を与えると肉が旨くなるし、ドッグフードで育てた犬など人々は買わない」 と答えました。 農場は不潔で公衆衛生状況は完全に無秩序な状態でした。屠殺場は辺り一面に屠殺の際に飛び散る犬の血にまみれており、水箱の中には犬の死骸や腐ったゴミや犬の毛が入っていました。長い間掃除などしていないのです。 このような環境で育てられた犬の肉は人体に有害であると専門家は警告しています。 Abandoned Animals Association(遺棄された動物を守る協会)で働く獣医師のBo-Young Myeong医師は屠殺の際に出る廃棄物に含まれる重金属や犬のエサに含まれるバクテリアの全てが人体の病気を引きおこす可能性があると言っています。 『肉犬』という特定の犬種があるという主張が、現実とは全く異なるということをリポーターは発見しました。 リポーターが犬農場で見たものは、声帯除去手術をされソフトに吠える純血種の犬、尻尾を振る小さな犬でした。パピーミルから引き取られた病気の犬や迷子のペット犬も屠殺場で最期を遂げていたのです。 同種の動物を互いの目の前で殺害する事を禁止する動物保護法は行使されていませんでした。 大型犬は電気ショックでは簡単に死なないので、ハンマーを使うと犬農場主はリポーターに話しました。全ての非人道的な屠殺方法を禁止している法律もまた遵守されていませんでした。 韓国において犬肉の食用は合法ではありません。しかしながら、多くの韓国人は、「この犬肉産業を根絶するための法律が無い」と言い何もせずにいるのは、法律や道徳的な主義に対する無関心の現れです。 これこそが、犬肉産業が存在し続ける理由であり、この産業と犬肉を食べる人々にとっては思う壺です。 このリポートからもお解りのように、この恐ろしい犬肉産業は続けられ、犬は苦しめられ続けています。 あたかも合法であるかのように、毎年のように犬は残虐に拷問され食べられ続けています。 そして、法律が行使されるまで続きます。 あなたが出来る事

    Read More
  • [Campaign Closed] Updated Sister City Campaign – Gimpo, South Korea – Glendale, California (In Japanese)

    [Update February 14, 2017] Once again supportive Glendale responds to call to action against the dog meat trade. On February 14, 2017, once again, we received a positive response from the City of Glendale, regarding our campaign protesting their Sister City, Gimpo’s dog meat cruelty. …

    Read More
  • South Korea – Reconsider your proposals to expand and incentivise the inhumane puppy mill industry! (In Japanese)

    韓国政府 - 非人道的なパピーミル産業に拍車をかける拡大計画を考え直してください! 韓国政府は既にブームになっているパピーミル産業のさらなる拡大を計画中です。この恐ろしい産業で使われる成犬が産む命がまた苦しめられるという狂気に満ちた悪循環をやめさせるために、韓国政府にすぐにでも考え直してもらわねばなりません。政府がこの拡大方針の詳細を発表するのは10月だと言われています。 時間がありません!どうか皆さまの力を貸してください! 韓国政府に私達の声を届け実際に考え直してもらう為にオンライン署名をお願いいたします 署名➤online petition. 朴クネ大統領に直接手紙を送って下さい!下に参考文がありますのでコピーしていただき、またご自分の言葉を添えていただくのも良いと思います。韓国政府に私達の想いがどれほど強いものか見せようではありませんか! Korean Observer による最新の情報はこちらから: HERE. 朴クネ大統領の宛先住所:(手紙用の参考文をお使い下さい) President Geun-Hye Park 1 Cheongwa-daero, Jongro-gu, Seoul 03048 Republic of Korea 電話で抗議!韓国大使館(東京):03-3452-7611-9     韓国大使館(US):1-202-939-5600 世界各国の韓国大使館、領事館の電話番号・メルアドはこちらから: HERE! 電話で抗議する場合の参考メッセージ(Japanese) 『パピーミル産業の支援と拡大をする韓国政府の方針に深い懸念と失望を伝えるためにお電話いたしました。多くの主要国がパピーミル産業の規制や禁止の法律を導入しようと動き出している中、貴方の政府はこの全く無責任で信じられないほど冷酷かつ非人道的な方法で犬を増やそうとしていることは遺憾です。 動物愛護家として、また世界中に支援者がいる巨大な動物権利保護組織の一員として、かけがえのない命が悲惨な状況で生まれ虐待に苦しむという悪循環を止めるために、韓国政府にこの方針の再検討を要求いたします。』 Suggested message when calling(英語) “The purpose of my call today is to register my deep …

    Read More
Page 1 of 41234»